EDの治療法|あんしん通販マートで個人輸入が簡単に

EDの治療法

 

 

EDの治療方法はEDの種類によって異なります。EDには心因性と器質性とに分けることができます。心因性とは精神が原因で起こり、器質性は体の機能が原因で起こります。心因性のEDの治療アプローチは精神科によるカウンセリングなどが必要になりますが、それでも完治しない場合や、器質的なことが原因の場合にはED治療薬を試す方向で治療が進められます。

 

 

吸引ポンプ式器具

 

シリンダーに男性器を入れ、真空ポンプの要領で空気を抜くことで、男性器を膨張させるのがこの治療法です。そのあとに勃起した男性器の根元をバンドなどで締め付けて、人工的に勃起状態を持続させます。この方法は体への負担が大きいために、使用時間が30分という制限があります。

 

しかし、勃起補助器具としての効果は大きく、心因性の勃起障害の治療器具として、厚生省にも認可された医療器具です。

 

薬剤注射法

 

血管などの障害がない場合に有効なのが、塩酸パペリンやロスタグラディンなどの血管拡張剤を直接男性器に流し込んで、人工的に勃起を起こす方法です。

 

しかし、この場合の欠点は効果がすぐに現れてしまうことです。患者の自己注射が認められているアメリカとは違って、医師でなければ注射することのできない日本では、その即効性が実用に向いていません。

 

以前はこのような方法で治療が行われていましたが、今では、効能の高いED治療薬が数多く開発されています。副作用も少ないものも登場してきており、利用される方も増えてきています。